生え際を守ってくれる抜け毛シャンプーを紹介するサイト

抜け毛シャンプー頭髪防衛ガイド » 抜け毛予防のお役立ち情報 » 薄毛を自己診断

薄毛を自己診断

「おでこが髪で隠れない…」など、どう見ても明らかになってきたら誰でも気づくでしょうが、薄毛の初期段階は目に見えない兆候が現れていることもあります。まず、これらの兆候がないか簡単にチェックしてみましょう。

抜け毛の兆候チェックリスト

boxフケの出る量が多くなってきた
box頭をかくと爪に皮脂がついてくる
box頭皮がべたつくように感じる
box生え際の毛髪が細くなったように感じる
boxクシのとおりに違和感がある
box頭皮に吹き出ものが出る
box頭皮が硬く動かなくなった
box寝癖がつかなくなった

この項目のどれかひとつに該当する方で、「最近ストレスが増えた」「肩凝りがひどくなった」と感じ、かつ「生活が不規則」「過食気味」であるという条件に合致していると、薄毛・抜け毛の可能性が非常に高くなります。

このサイトを訪れた方は、少なからず薄毛の悩みを抱えているはずです。「でも、自分はまだ若いから…」と油断しないで、早期に対策をとらないと間に合わなくなるかも知れません。

抜け毛の進行具合をデジカメでチェック

女性は合わせ鏡を器用に使いこなせますが、男で合わせ鏡をうまく使える人は少ないでしょう。かく言う私も、鏡で頭頂部をチェックするのに苦労していたものです。

cameraほかの人に見てもらうという手もありますが、抜け毛の悩みはあまり人に知られたくないものですよね。そんなときお勧めなのが、デジカメを利用した頭皮チェックです。最近のデジカメは解像度も高く、接写にも対応ているので、これを活用して頭頂部の写真を撮ります。1人で写真を取る工夫をご紹介しましょう。

まず、カメラは両手で持ったほうがブレずに綺麗に撮れます。もちろん、鏡の前でやれば手の位置を確認しやすいので便利です。両手で持ったカメラを頭頂部に持っていったら、手の揺れが収まったところでシャッターを切ります。連続して何枚か写しておけば、1枚くらいは鮮明な写真が撮れるでしょう。解像度をできるだけ高くしておけば、拡大時の画像が鮮明になります。

「どうしても手ブレしてうまく撮れない」という方は、タイマー撮影にして、床に寝た状態で頭頂部方向から写真を撮るとうまくいきます。

地肌は見えているか…

そして、恐ろしいかこしれませんが、写真をパソコンなどで拡大して見ます。髪がびっしりと密集して地肌が見えないくらいなら、まったく心配することはありませんが、髪の毛の間から地肌が見えているようならご用心。地肌の部分を拡大してみてください。

髪と髪の間の地肌に、毛穴がしっかりと見えるようなら初期段階の抜け毛なので、しっかり対策をとれば改善する可能性はあります。しかし、髪と髪の間の毛穴が少なくなっている(実際に減っているのではなく発毛が減ることで毛穴が収縮している)ようなら、一刻も早い対応が必要です。そのまま放っておくと毛穴の萎縮が進んで、さらに髪が生えにくい頭皮に変わってしまいます。

抜け毛の本数は当てにならない

抜け毛・薄毛が進行してくると、どうしてもシャンプーやブラッシングで抜ける髪の本数が気になってしまうものです。一部のサイトでは「10本なら大丈夫。20本は危険信号」などと、抜け毛の本数による薄毛進行度のチェックを励行していますが、抜けてしまった毛髪の本数を数えても薄毛解消の手がかりにはなりません。髪は健康な人でも抜けるものです。

毎日数十本という毛が抜けても、それと同じだけ新しい毛が生えてくれば髪の毛の全体量は変わりません。抜ける毛の本数よりも、生えてくる毛の本数が重要なのです。残念ながら、新しく生えてきた毛の本数を数えることはできませんので、抜けた毛の本数だけを数えても意味はないことになります。

 
抜け毛シャンプー 頭髪防衛ガイド