生え際を守ってくれる抜け毛シャンプーを紹介するサイト

抜け毛シャンプー頭髪防衛ガイド » 抜け毛シャンプーで髪を守る » 抜け毛予防のための正しいシャンプーの仕方

抜け毛予防のための正しいシャンプーの仕方

ここでは、ヘアケアの基本である正しいシャンプーの仕方をまとめています。

抜け毛予防は正しいシャンプーの仕方を知ることから!

抜け毛予防やヘアケアの効果は、シャンプーの仕方で大きな差が出てくるのです。そこで、意外と知られていない正しいシャンプーの仕方を、手順に沿って説明していきます。

1.髪を濡らす前にブラッシング

ブラッシングをすると、洗髪前にホコリやフケをある程度落とすので、より高い抜け毛予防効果を得ることができます。髪の汚れを浮き出す、頭皮の血行促進という効果もあるようです。

2.湯洗い

ゴシゴシ洗うのではなく、髪全体をまんべんなく、流すように洗います。湯洗いをすることで、髪の汚れはほとんど落ちるのだそうです。

余分な汚れを落とし、髪を充分に濡らすことで、シャンプーの抜け毛予防効果が得やすくなります。

3.シャンプーを使って髪を洗う

注意するのは、シャンプーの量です。ついつい多く使ってしまう、という方が多いのではないでしょうか?シャンプーを手のひらに出した時に、500円玉くらいの大きさになるのが適量です。

シャンプーをお湯で溶かし、手のひらで泡立ててから、髪全体に馴染ませてください。生え際から、髪の先端へ向かって洗うと良いですよ。

洗う時に爪は使わずに、指の腹で揉むように、マッサージをする感覚で洗っていきます。

もし必要があれば、1度髪をすすいでから2回目のシャンプーをしてください。シャンプーの量は1回目と同じか、それよりも少ない量を使います。「今日はスタイリング剤をつかった」「砂埃がひどかった」という日は、2回シャンプーを行ったほうが良いそうです。

4.すすぐ

シャンプーが髪に残らないようにしっかりとすすいでください。シャンプーが残っていると、頭皮に刺激を与え、フケ、痒み、ニキビの原因になります。

うなじや耳の後ろなどにシャンプーが残ることが多いようですので、注意してください。丁寧に時間をかけてすすぐことが大事です。

5.リンスなどで仕上げをする

リンス、コンディショナー、トリートメントを使って仕上げをします。

軽く水気をきった髪全体に、馴染ませてください。すぐに洗い流すタイプ、少し時間を置くタイプなどがあるので、それぞれの使用方法に沿って、仕上げをします。その後は、シャンプーをした時と同様、リンスなどが髪に残らないようにしっかりとすすいでください。

大事なことは、リンスなどの特徴を把握することです。中には、頭皮にダメージを与える種類のものもあります。髪だけにつけるべきものか、頭皮につけても問題はないものか、把握してから使用しましょう。

清潔にするためといって、シャンプーをしすぎてしまうのはよくありません。シャンプーの回数が多すぎると、頭皮を乾燥させてしまったりして、逆効果です。抜け毛予防シャンプーの効果を充分に得るために、ぜひ正しいシャンプーの仕方を身につけてください。

 
抜け毛シャンプー 頭髪防衛ガイド